ファッション

【L.L.Bean トートバッグ】のおすすめサイズ【20年愛用の経験談】

こんにちは。

今回は、20年以上愛用しているL.L.Beanのトートバッグ(アメリカ製)をご紹介します。

記事にするつもりはなかったんだけど、ソファの上にほっぽり出しているコイツがふと目に入って「カッコいい」って思っちゃったんで書いてます。笑

暇つぶし程度にお読みください。

【本記事の内容】
●L.L.Beanトートバッグとは
●L.L.Beanトートバッグの良いところ・不便なところ
●20年使って思うおすすめサイズ【人気色】

✅L.L.Beanトートバッグとは

まず、歴史は1944年のアメリカまで遡(さかのぼ)る。

当時はどの家庭にもまだ冷蔵庫はなく、アイス・チェストとよばれる木の箱に切り出した氷を入れていた。

氷は重く、運ぶのは重労働。

L.L.Beanトートバッグは、そんな氷を運ぶバッグをヒントに開発された。

現在の形になったのは1960年代。

いまでもメイン州ブランズウィックの自社工場での生産にこだわり、素材はアメリカ・コットン100%のタフな24オンス・キャンバス。

正真正銘Made in USAのプロダクトだ。

ボトムはキャンバスで補強され、縫い目はT69ボンデット・ナイロン糸(頑丈なやつ)のダブル・ステッチで仕上げてある。

これにより500ポンド(約226kg)の重さに耐えられる。

製造は自社工場で長年研鑽を積んだ専任チームが、縫製から検品までの全工程を仕上げる。それは今も変わっていないという。

そんなエピソードだけで所有感をくすぐる、使い込むほどに味わいが深まる逸品です。

商品紹介動画もシビれますよ↓

✅L.L.Beanトートバッグの良いところ・不便なところ

【良いところ】
●シンプルにモノとしてカッコいい
●丈夫で長持ち(洗える)
●経年変化で味わいが増す
●持つ人を選ばない【老若男女を問わない】
●カジュアルな格好ならだいたい守備範囲

【不便なところ】
●仕切りやポケットがない
●肩がけしにくい(レギュラーハンドルの場合)

【良いところ】

✔︎シンプルにモノとしてカッコいい

まずはこれですね。

シンプルにモノとしてカッコいい。

この記事を書く動機にもなったわけで。。

コットン帆布の自然な風合い、これは化繊じゃ出ない。自立するし、生成りとビビッドカラーのコントラストもいい。色を2色しか使っていないところもいい。

いらないです。ガチャガチャと余計な色。

そしてなにより嬉しいのは、Made in USAなのですよ。

所有感が違う。

古くなったから捨てようとか思わない。なんせ20年以上使ってますから。

なんなら新品のときより好き。使い込まれたこのカバンがただ置いてあるだけで上がる。

ずっとアメリカでつくってくれたら嬉しいなぁ。。

✔︎丈夫で長持ち(洗える)

これも間違いないですね。

226kgの重さにも耐えられるわけですから(こっちが耐えられん。笑)。で、実際長持ちしています。

汚れたら洗えばいいわけだし。。

✔︎経年変化で味わいが増す

筆者所有のもの

丈夫で長持ちな上に、使っていくと経年変化して味わいが増すという特典つき。

持ち手や底がやれてほつれてますけど、そこが逆にカッコいいと思って使ってます。ずっと使い続けてもっとクタクタにしようとすら思う。笑

✔︎持つ人を選ばない【老若男女を問わない】

これも魅力のひとつ。

買ったのは20代だけど、40代になった今もフツーに使える。

高級ブランドのカバンは「持つ人を選ぶ」けど、コイツは人を選ばない。いやらしさも出ない(悪目立ちしない)。

むしろ僕なんか、このカバンを持っている人を見かけたら好意的に思ってしまう。

それこそ女子高生が持ってもカワイイし、80のおじいさんが持ってもイケてる。

80のおじいさんがクタクタに使い込まれたL.L.Beanを持っていたら、なんか素敵だと思いません?

二度見しちゃいそう。笑

✔︎カジュアルな格好ならだいたい守備範囲

さすがにスーツには合わせませんが、カジュアルな格好ならだいたい守備範囲です。

で、もちろん普段使いもできるしアウトドアなんかに持って行ってもいい。

コイツにサンドイッチやらコーヒーやら詰めこんで出かける休日を想像してみてください。

サイコーでしょ?

【不便なところ】

✔︎仕切りやポケットがない

仕切りやポケットがないのは不便ですね。

スマホや持ち物のいっさいを入れるわけじゃないですか。だいたいスマホが下に滑り込んですぐ取り出せない、探す。苦笑

あと僕が持っているものは「オープントップ」といわれる口が開いたヤツなので、中身が見えます。女性はそこは気になるかも。。

※「ジップトップ」といわれる口が閉まるタイプもありますよ。

✔︎肩がけしにくい(レギュラーハンドルの場合)

これは僕が所有している持ち手が短い「レギュラーハンドル」タイプの場合です。

やっぱりちゃんと肩がけはできた方がいいです。手でずっと持つのは疲れる。。

ちなみに肩がけするとこんな感じです↓(微秒に持ち手の丈が足らず、肩がけしづらい)

「ロングハンドル」という肩がけできるタイプもありますが、デザインのバランスがなんか変わるんですよね。

やっぱりこのレギュラーハンドルがいい。

✅20年使って思うおすすめサイズ【人気色】

最後に、日常使いにおすすめのサイズをお伝えして記事を終えます。

【結論】ミディアムがおすすめ

僕が所有しているのも「ミディアムサイズ」です↓

身長175cmでこんなサイズ感

この20年いろんなシーンでコイツを使ってきました。仕事・アウトドア・ただのお出かけ etc…

正直「ラージ」がよかったかな、と思うこともあったけどそれは一時的だった。いろんなシーンで使えるミディアムで結果よかったですね。

13インチのPCが余裕で収まります。

人気色についても調べてみたんですが「緑」はわりと人気みたいです。

緑が一番L.L.Beanらしいって言うファッション関係者もいたり。。(僕はたまたま好きな色を買っただけ。笑)

まあでもそこはお好きな色をどうぞ。カラーバリエーションは豊富なので。あと刺繍なんかも入れられます。刺繍は女性には人気があるみたいです。

というわけで、つらつらと思いつきで書いてきましたが、こんな記事でもなにかの参考になれば幸いです。

って、よく見たらわりと汚れてるのでこれから洗ってやります。

あ、このバッグ、プレゼントにもおすすめですよ。きっと喜ばれます。

【追伸】僕が次買うならミディアムサイズのジップトップにします。

おしまい

PAGE TOP